読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1日1分で英語力アップ!

アラフォーのいわゆるシステムエンジニアが、英語・英会話初心者向けに、 「ほぼ」1分で読めるネタを、「ほぼ」毎日提供していきます。

assign って単語わかりますか?

今回は、英単語 assign について書きたいと思います。

私の職場では、「担当者をアサインしておきました!」とか「新入社員に席をアサインしておいて!」とかって会話が飛び交っています。

まぁ、最初から何となく意味はわかったんですが、正確に英単語としての「アサイン」の意味はよくわかってなかった為、「アサインとは?」と聞かれたら、答える自信はありませんでした。

アサインは、綴りでは、assign となります。

assign の意味としては、「割り当てる」とか「指定する」といった意味になります。

その為、最初の飛び交っていた会話は、「担当者を割り当てておきました!」「新入社員に席を指定しておいて!」といった感じになります。

正直、日本語で言えばいいのにと思いますが、いつの間にか私もそれに染まってしまって、普通に、アサインって言葉を使うようになってしまってますが、そのおかげで、assign もいつの間にか覚えてるって感じですね。

関連語句としては、assignee があります。

assignee は、「指定代理人」とか、「譲渡人」といった感じになります。
assign と合わせて覚えると覚えやすいですね。 【今回勉強した英単語】 assign assignee

スポンサードリンク

スポンサードリンク